ハッチのアナザーモーニング

内にある思いを全てをぶつけよう 愛するドラクエとthe pillowsに・・・

カテゴリ: バトル

BlogPaint
アウイェー・・・
お盆勤務の疲れがまだ残ってるんだ

ゆっくり寝かせておくれよ・・・







審判
・・・能力発動

『ソウル・ディスクロージャー(魂の開示)』








ぐぬぬ
書かせていただきますよ・・・!


前回の記事がコチラ
「BE WILD」


イコプ氏の記事がコチラ
能力者しりとりバトル1回戦 サワッチ VS ハッチ





ハッチVSサワッチ
まさかのビッグネーム撃破
大番狂わせの初戦が終わった

独特な試合の展開に言葉を失った観衆。何が起こったのか理解が追い付かない。

物好きたちが能力の解釈に勤しみ論じ合う。口角泡を飛ばす勢いなり。

その熱はやがて周囲に伝播してこのバトルイベントの醍醐味を悟らしめる。




関連画像
「うおおおおおお!! すげえ!!!!」
「これが特殊能力ってやつ!?」

「ほう、能力同士の相性もあるのか」
「目が離せませんねぇ ククク」


素人も玄人もマニアもニワカもない。
皆等しくこの光景にあずかっている。これこそ歴史なり。
証人たちは綴りを絶やすまいと次の巻を手に取らんとする




しりとりバトル控室
控室に戻るハッチ

さくら・まう「すごかったよ! はっちん!!」
かい「お見事でしたぞ!!」

先ほどは優勝候補の一人ぺけぴー氏に睨まれて生きた心地を失ったが、友らの祝福で自分を取り戻しつつあった。さぁこれからだ!


主催者の声が会場から聞こえる
「第二戦! さくら・まうVSポップス!!」

親友のまうちゃんの出番だ。息をついている場合ではない、会場で応援しなければ!
控室から会場に再び出ようとしたその時、



審判
「選手は控室で待機してください」

「・・いや、応援したくt」

「ダメです」

「・・・・・・・・」




しりとりバトル控室
選手全員、こたつで待機するしかなかった(実話)


ギャラリーに混じって観戦したい!

または舞台袖から観戦するのもなかなか乙じゃないですか!



(理想)
観戦







(現実)
しりとりバトル控室
しかもガチで慣れ合わない闘技者たち

勝負に命賭けすぎて微動だにしない



「勝者、さくら・まう!!!!」

「8888888888」




声しか聞こえない




しりとりバトル控室
「ヤスンVSかい!!」





しりとりバトル控室
「ひゅげVSフジコ!!!」





しりとりバトル控室
「プランVSかおりしゃん!!」






しりとりバトル控室
いつまで同じ絵見せられるんじゃ!!

と思った方。ちょっと聞いてほしい。



これがね、案外悪くなかったのよ

勝負の展開を追うため、全員がチャットログとにらめっこしてました。



しりとりバトルログ1
こんな感じね


言葉で戦うイベントだから、相手の所作とか関係ないのよ。
ただ発言を追うことのみが本質。

ギャラリーも闘技者も関係なくガヤを飛ばしあって、全員が戦いをイメージで補完し合っていたというか、一つの世界観を共有するみたいに、謎の一体感に包まれていたんです。


一台のラジオを囲んで盛り上がるかのごとく


深夜のノリも加わってか、この世界にのめり込んでいく自分がありましたね。
和気あいあいとした空間もそれに拍車をかけるというか。



そしていつの間にか2回戦が始まってたんです。


参考記事
能力者しりとりバトル ハッチ VS さくら・まう




ハッチVSまう
相手は親友のまうちゃん

初手に「いちご」とつぶやいた瞬間、まうちゃんの能力が発動しました。


能力名:フルーツバスケット
効果:果物の言葉が出た後、果物しばりでしりとりしなければならない


しかもまうちゃん自身も果物縛りでしりとりするんです。何たる余裕。

でもフルーツなんて種類も豊富だし、そこまで苦労しないんじゃ?という意見は否定しません。私もそう思っていました。


さくら・まう「栗」

ハッチ「り・・・」


「り・・・・・」
(周囲の心の声:リンゴ!)


「り・・・・・・・」
(周囲の心の声:リンゴしかないじゃん!!)


「り・・・・・・・・・???」
(まうの心の声:リンゴって言いなさいよ!!!)


自分でも驚くほどの白痴ぶり。
おかしい、こんなはずじゃなかった。何かがおかしい。

ハッ これは相手の脳裏から「り」で始まる単語を忘れさせる能力ね!
フルーツバスケットだなんて可愛いネーミングのくせに、なんて隠し武器を!!


頭がぼやけていく

私は今どうなっている?

目覚めよ、目覚めよ我が脳髄・・・!



主催者の言葉が虚しく会場をこだました

「ハッチOVER!! 勝者、さくら・まう!!」



ハッチ敗北





(自己憐憫ソング)
「Wake up! Dodo (the pillows)」




おとなしい未来を揺らして Wake up, wake up, wake up!
新しい僕を探してる






なにはともあれ「りんご」が好きな人は
下のリンクバナーをアウイェー





ドラゴンクエストXランキング

BlogPaint
知る人ぞ知る。ブログ「畢竟ドラゴンクエスト」筆者、イコプ氏主催の闇のバトル。

その名も「能力者しりとりバトル」

去る7月、特殊能力者同士の生死を賭けた戦いが人知れず展開された。



人知れずとは言いすぎた。メッチャ好評でイコプ氏のブログランクダダ上がりの要因となったよ。ごめん言いたかっただけ。




能力ストレンジカメレオン
ゴホン、かくいう私もちょっとした能力者。
この戦いに馳せ参じた一人である。

詳細はブログ「畢竟ドラゴンクエスト」をチェックしてほしい



勝負の行方と各キャラのバックストーリー(創作)はイコプ氏がすでにしたためているので私は、いち参加者の視点からこのイベントを語ろうと思う。



はじまりは一つのツイートから


何やら面白そうなイベントではないか。

彼の盟友であるプラン氏、ぺけぴー氏の参加もすでに見えていたため、元々彼らのファンである私にとって「行かない」という選択肢はなかった。

イコプ氏の開催イベントとなると、応援、補助のためにフレンドが駆け付けるだろう。きっとチームメイトである彼も準備に来る。その予測に従って親友さくら・まうちゃんをPTに誘う。





ハッチの盟友
「今夜、フジコちゃんに会えるよ!」

「え、どういうこと? 説明して!」


実はまうちゃんは根っからのフジコファン。イベントの説明と同時に彼女のボルテージが上がるのを感じた。すでに頬は紅潮している。



プランイベントの常連である、かい君にも声を掛けて一路会場へ



かい君
「行きますとも! ハッチ殿!!」





能力者しりとりバトルー会場前 
会場で我々を迎えるイコプ氏とフジコちゃん


ツイートを見て遊びに来た旨を伝える我らファン一同。


「楽しみにして来ました^^」

物見遊山のつもりで生ぬるい挨拶を交わしたと思う。



だが主催者の反応は予想と違う。目じりを下げることも口角を上げることもない。先程から無機質且つ鋭い視線が我々を射抜いている。



審判
「・・ではこの闘いにエントリーされますね?」


「!?」


何の脈略もなく闘技者として迎え入れるつもりなのか。
正気の沙汰ではない。



その瞬間は面食らって焦っていた。
だが不思議なもので深層意識の自分はやけに冷静でいて、自身に対してとあるメロディを脳内に流していた。




越えたい相手は1秒後の自分 タメ息と負けん気が犇めいて
その向こうに夢をみた BE WILD!



憧れのヒトの背中を追うだけに終始していいのか?

そろそろ歩を進めて肩を並べてみてもいいんじゃないか

そんな景色を待ち望んでいたはずだ、ずっと前から…



そう、2013年から触れてきた彼らのドラマの数々。得も知らぬ化学反応に何度驚き、何度笑ったことだろう。今夜その一端に触れる。これは彼らのドラマだけでない・・・。
私のドラマなんだ!


そう思うと気力がみなぎってきた





IMG_0956
「いいでしょう。参加しますよ! 我々全員で!」


まう「え?」
かい「え?」






しりとりバトル控室
選手として控室に案内される我々。
能力も即席で決めたのでなかなか自分の戦法が確率しない。
否が応でもイメージトレーニングが課される。

そうこうしてる内に名のあるプレイヤーたちが続々と控室に集まる。ブログやプレイベでよく見るメンツばかりだ。彼らは余裕なのか談笑している。


彼らの声「きええええええええ!!」


こういう時は連れ合いから冗談でも飛ばしてほしいものだが・・・
まうちゃんもかいくんもさっきから黙っている。
わかるよ、己の立ち位置に戸惑いを隠せないんだね。


とうとう主催者の開催の挨拶が始まった
ちくしょう、震えるぜ・・・。



ついに始まった一回戦。いきなりの一戦目に抜擢されるとは、ドキドキ


参考記事:能力者しりとりバトル 1回戦 サワッチvsハッチ



IMG_1018
相手はあのサワッチさん。
有名どころの話ではない、超が付く人気者だ。

目まいがした。あんなセンスの塊にどうやって勝つというのか。

きっとアレだ。サワッチさんの鮮やかな必殺技に無名プレイヤー、ハッチが烈しく散っていく様が描かれるシナリオなんだ。うん、それなら絵になるかも。




ハッチVSサワッチ
どうせやられるなら華々しく散ってやろう。この開幕戦に爪痕を残してやるんだ・・・!


「第三のゲルニカ、発動!!」


得体のしれない技が襲いかかる。完全に殺しに来ている。

サワッチさんの能力は多岐に渡り、第4形態まであるという。
能力の限界を広げたにも関わらずその制約も受けないらしい。戦力の調整ミスも甚だしいが相手は絶対王者サワッチ、そもそもオーラの絶対量が違うのだ。


笑みがこぼれる。自嘲的になったのか、妙に開き直ったのか、理性で説明がつかない。確かなことは頭の中で何かが走ったことだけ。


脳裏に走る一節。


”BE WILD”




死地にこそ光明有り
私の隠し技「ストレンジカメレオン」が「第三のゲルニカ」をすべて受け流し、反射していく。
嘘のような話だが、私が一切のダメージを負うこともなく、サワッチさんを圧倒していた。


サワッチさんの断末魔が会場をこだまして、最後に立っていたのは私だった。


王者の絶対的勝利を確信していたせいか、
はたまた異能力のぶつかり合いに理解が及ばなかったのか、
ポカンと静まり返る観客たち。

私を称賛する余裕がないのも、いささか仕方がないというものだ。
勝者は静かに場を去るのさ。




胸の高鳴りがおさまらない。
控室に戻るやいなやぺけぴー氏が私につぶやく。



決着の刻 (2)
「その能力、果たして2回戦で通用するかな。ふふ」


胸の高鳴りがおさまらない。
次は何が待ち受けるというのか。
た、たまらないぜ!


(つづくかなぁ?)




参加者の気持ちを共有できたなら
下のリンクバナーをアウイェー






ドラゴンクエストXランキング

アウイェー! 暑くなってきましたね!

FullSizeRender
仕事に趣味に夢中になるあまり、つい体のケアを忘れがち。

無理が出ないよう、意識的に体を労わりましょう。




でもやらなきゃいけない事ばかりだ!
特にレベリング!! 100→105に上げるために毎日頑張らなきゃね。



情報系ブログではおススメのレベル上げが紹介されていました。
なんとフィールド狩りでのレベル上げで玉給50万超えとか!


そんな粋なモンスターがコレ!


ドラポヨロン通常
ドラポヨロンちゃん。
愛嬌のある姿がかわいいですね!




ドラポヨロンふんむー
ん?
あれ?









ムカつくポプ子

この相反する気持ちは何?
己の胸に手を当てて考えてみよう




ドラポヨロンぶよん

ぽよん



FullSizeRender
じーー (リアルのお腹を見てます)







ドラポヨロンぼよん

ぶよん





FullSizeRender
じーーー・・・(リアルのお腹を見てます)











IMG_0955

ドラポヨロン、殺す!
(同族嫌悪)




IMG_0956
体いたわってる場合じゃねえ! 今行くからな!

でも乗り物には乗らない、走って行く!
理由は言わない!!



BGM






IMG_0957

~ 息を止めてずっと走り続けた ~





IMG_0967

~ 鼓動が聞こえるか DAN DAN DA DAN DAN
     Just,runners high! ~



IMG_0960

~ 目を閉じていたって すべてが見えた ~




IMG_0963

~ 風をかきわけて Fa Fa Fa Fa Fa
   
Just,runners high! ~






IMG_0962

はい、燃焼には回転運動~
runners high!



IMG_0965

電気の刺激で腹筋を鍛えましょう~
(低周波とはいってない)
runners high!





最後の仕上げに、

IMG_0966

IMG_0964

脂肪を燃やす(物理)
Just,runners high!




共感してくれたら下のリンクバナーをアウイェー


ドラゴンクエストXランキング

心のくすぶり、抱えてませんか?
もちろん毎日アウイェーなハッチは


IMG_0946
めちゃめちゃ燻ってます!
空元気だアウイェー!


何が燻るって、夜にDQXプレイしてて、1ミリも記事のアイデアなんか湧かないくせに、

「おやすみなさい」と枕に頭を置いた瞬間、脳内にアイデアの種がうずき出して、
夜中の1〜2時の間は、「記事書き始めよっかな」「いやいや、寝ないと明日ヤバイ」と自問自答。
結果、疲れを残したまま起床。

昼休み、ご飯を食べながらスマホにアイデアを書き溜める。

帰ってから食事、入浴、DQXログイン、記事執筆の時間配分どうしよー、と悩むといった具合。

この要領の悪さ、身体と心に響くぜよ! 

このままだと半年後に精神が崩壊。
ブログやめますか? ドラクエやめますか? 仕事やめますか? との問いに耐えきれず、ヒトの終わりを迎えるのも必至。


そんなくすぶり先生のハッチが気に入っているコンテンツがアストルティア防衛軍。


防衛軍漫画

楽しいですよね!!


ブログやツイッター界隈で騒がれてている 神装備 を求めて日夜防衛に励んでおりますよ!
でも、ここでも燻りが・・・



防衛成功
チリンチリーーン

防衛はできても討伐ができない。アイツらのHP10億くらいあるんじゃない? 
欲しいよ、討伐実績・・・




そんなモヤモヤを抱えている最中、ゴリラオーガ界の英傑、P氏から連絡が入る。



FullSizeRender

うおおおおぉぉぉーー!!!
プランちゃん愛してる!!


先日の約束を覚えてくれはったんですか。。。

FullSizeRender

プラン氏のブログ へんじがないただのしかばねになるブログ
コメントコーナーより





IMG_0942

プラン「しけたツラすな~、いくで!」ハグっとゴリキュア
ハッチ「!!」

く、くすぶってる場合じゃねええぇぇぇ!!



ここからはピロウズの「COMIC SONIC」をBGMにどうぞ。









IMG_0943

〜 キミは最近隠してる 胸の奥の不発弾
SP達は居眠り中 さあ爆発しちゃえよ 〜





防衛軍01

~ 夢を見るって不思議だな 叶う前からきらめいて ~





防衛軍02

~ Baby、眩しいな いつまでも思うまま踊りたい ~






チリンチリーーン!
防衛軍03


えっ?



防衛軍04

・・・・・
失敗したけど気にしない!

思うままに踊れたのだ!
胸の中の不発弾はもうないのだ



P.S

防衛中に起きた諍い


いさかい

二匹のゴリラ(プラン・ヤン)どちらがイケゴリなのか、
しばらく論じ合っていた様子





下のリンクバナーに触れるとアウイェー


ドラゴンクエストXランキング

↑このページのトップヘ