ハッチのアナザーモーニング

内にある思いを全てをぶつけよう 愛するドラクエとthe pillowsに・・・

2018年07月

前回のつづき


IMG_1019

ついにレジェンドブロガー、サワッチをゲストに迎えたメイア
会は和やかに進行し、観客の嬌声もヒートアップすr・・・





ちょっと待てや!!




(謎の悪党が登場)

反省会 (2)
悪党A「こんな生ぬるい展開でどうする気だ」

悪党B「べっぴんさんの前で鼻の下伸ばしとる場合か」

悪党A「まったく・・・なぁ相棒よ」

悪党B「おう、サワッチが頼りないなら我々がぶち壊してやr」




メイア「テンペスト!!!」
メイアテンペスト

ズガガゴゴゴゴーー!!!

悪党ども「死~~ん」




※以下、「メイアの部屋」のチャットログまとめを掲載いたします。台詞回しの編集、語尾の変化、重複部分のカットなどハッチのアレンジが入っております。元ネタの「酒場スタッフの独り言」リンクもチェックしてね~



メイサワ9
「そんな思い出の沢山あるサワッチさんに4つ目の質問です^^」

「ふんは!」

「質問4:ブログの反省したい思い出、今振り返るとどうです?」



「・・・嘘はよくないねぇ、嘘は」

「アッ」

「よろしくないねぇ」

「危険な匂い」

「まさかあんなことになるなんて・・」

「せるもさん・・・」 「止めて―!カメラ止めてー!!」 「これ生放送です!!CMいってーー!!!」
周囲も察したのか、汗ばむ者がちらほら


「エイプリルフールで嘘ついちゃいまして」

「2014年4月1日のお話ですね。もう4年も前のお話!」




みんなありがとう
多くのフレンドを呼び、偽結婚式を挙げるサワッチとせるもさん
エイプリルフールに書いた記事にもかかわらず波紋を呼んだ

ブログタイトル:これが最後の独り言


「今でいうと、ヤスンと結婚しまーす的なノリだったんですけどね。
すみません!嘘でした! この場を借りて謝罪いたします」

ヤスン「まきこむなよ!」


「だっせーーw」 「昇進もウソやな」 「謝罪イベント開こうか」


「あの時の炎上は凄かったものねー」

「まぁ冠婚葬祭のウソはよろしくないですね!」

「そうねw 通る冗談と通らない冗談ね。色々とお勉強になる」

「有名ブロガーの宿命だねぇ」 「正直アレが炎上する意味がわからなかった」 「頭固いヤツが悪いんや」



1
激しく後悔するサワッチの図

「私はやっぱ、信じておめでとうって言ってくれた人には悪い事したなって思ったんですが。信じる方もどうかしてる!って言う過激派のフレもいまして、その人もね、火に油注いじゃったりしてね」

プラン「誰!誰!」
ぺけぴー「ひどいフレやな」


「ぺ□ぴーさんっていうんですが」
(ブログの都合上省きましたが、司会者とゲストは周りのガヤとの見分けが付きやすくなるよう文頭に□をつけて話していました)

「□をうまく使わないで!w」

「□うまい!」 「今日イチ、でたw」 「□の位置www」 「伏せきれてないww」

ぺけぴー「あれは楽しかったよな」


「私を思ってしてくれてるのが分かって嬉しかったですけどね」

「うん、そこはちょっとわかる」

「今ルームでようやく1笑いってチェックされてる」

「辛口www」 「評価厳しい」 「良かったね!」

 
「そんな厳しいルームに縛られているサワッチさんに5つ目の質問です^^」

「はいどーーん!」



メイサワ8
「質問5:ブログについて周囲の皆様に是非お伝えしたいこと、ありましたらどうぞ!」

「是非皆さまに聞いてみたいのが、
弊ブログで一番好きな記事ってどんなですかね?」

矢継ぎ早にお気に入り記事を上げ始める観客

イーター
サワーベルト
英語で魔塔
アストルティア大相撲
真の僧侶イベ
二人のアンルシア
ダークキングサイン攻めで倒す
3P関連
24時間戦えますか?
セキュリティトークンに敵視された話
社宅が流された話 
ヤスン「刃牙」
ぺけぴー「ウソつくやつ」


「皆さらっと出てくる! (プランさんの社宅記事出てたの見逃さなかったけどww)
今どんなお気持ち?」

「いや~嬉しいですね。書いててよかったなあって思います」

「うんうん^^」

「もしこの中に私のブログでDQX始めた方っておられたりします?」

「これ居たら感動」


・・・・・・・・・

・・・・・・・

・・・・・

・・・


「いないwwwいっちゃんダサいやつ」

「(番組的に! うそでも! いいから!)」

「ハイ」 「そのような気がします」 「発売日からブログ見てました」 「あでぃでぃ~」


「いっぱいのハイが上がりましたねー!」

「うれしいですねえ スクエニに褒めてほしいなあ」

「ウソはよくないねぇ」 「ウソはあかん」 「P!」


これまでで一番辛い番組  アッ(フレチャ出ちゃった><)」


「事故w」 「素直でOK」 「P!」


「でもね『真の僧侶』やったでしょ?」

「うんうん」

「あれ、私も参加したの(2014/5/25)」

僧侶
※レンダーシアの強ボスがまだ強かった時代、サポバト3と自分僧侶でセレド、アラハギーロ、メルサンディの順でアイテムを使用せず(せかいじゅの葉やまほうのせいすい等)に強ボスを倒していくバトルイベント。一撃で葬られる者、MP枯渇に泣く者、大半が初戦で脱落した


「おお! マジでうれしい。どこまでいけました?」

「2回戦で死亡w」

「すごいすごいw」

「あのころねー日誌側にいたんだけど、ブログの人達って全然知らなくって色々見てて、
サワッチさんのブログを見てなんて楽しそうって思って参加させていただいたのね」


ブログタイトル:地獄の町 セレド

セレド
サワッチ、デモンストレーションバトルでほぼ死亡

「練習ではほぼ勝てたのにww」

「あれは本気で笑っちゃったwww」

「またイベントしたいなあ」

「そんなイベント欲が少し出てきたサワッチさんに6つ目の質問です^^」

「はいさい!」



メイサワ11
「質問6:あなたにとってブログとはどんな存在ですか? お答えください^^」

「名刺が一番近いですね。」

「名刺」

「アストルティアでも外でも、何かしら知ってくれてる人が多くて、コミュニティに参加したり広げたりが格段に楽に、楽しくなりました。」

「うんうん」

「やっぱ楽しいことがあった時、共有できる場があるってのは、より一層楽しめるというか」




ほしみ
ほしみ「こんな風に遊びたいと何度思ったことか」

「わかる>ほしみ」

「それでDQXを始めたの?>ほしみ」


ほしみ「え、あ、はい」


「(ほら! もっと熱もって!)>ほしみ」

「スクエニの人に褒めてもらわなきゃなー」





ほしみ
ほしみ「こわい、トップブロガー」


「割と本気でいい事言ったと思うの。サワッチさんやフレの皆さん、なんて楽しそう!
って思った人はちょっと挙手してみて」

全員が挙手
ログが滝登りする勢いでスクロールしていく


「それだけでも、書いてきて良かったんじゃない?」

「これはホンマ、スクエニの人に褒めてもらわなきゃなー(三回目)」

「(多分ルームで超ダメ出しされてる)」



2Pの視線
「プランがさっきから二度とブロガー呼ばれないとか言うてる」

「wwwwww」

フジコ「かわいそう」


「この流れ、プランのせいでもあるから」

「イエローカード30枚くらい溜まったけどw」

「連帯責任><」 「ひどいオーガがいますねw」 「これ絶対もうないやろ」


「さ、残り時間も5分となりました。はやいものですね」

「はやいw あっという間やな」

最後のご質問となりました。最後に未来のお話をして終わりましょう」



メイサワ12
「質問7:今後ブログに対してどう取り組んでいきたいですか?^^」

「これね、ほんま何回も言うてるんですが、月1で更新したい」

「うんうん」

「がんばる」

ヤスン「来月も刃牙な」


「あとイベントもやりたくてね」

「うんうん^^」

「今考えてるのは、モンスターっぽい見た目の人3人仲間にしてね、コロシアムで1対1で戦わせるっていう、ドラクエGOってできると思うんよねえ

「その発想wwwww」

「スカウトアタックされたいぜ!」 「サワットモンスター!」 「ギュメイア召喚!!」


「楽しいを作るっていう点でホント素晴らしいと思う」

「ということで練りこめたらイベントしまっす!」

「楽しみー! こうした楽しいことをもっともっと作っていってほしい!」
「でもブログ書くの大変だから、無理しないレベルでね!」

「月1で!」

「月1で^^」



370318866
「あとできれば交渉して、この服脱げるようになりたいです」

「オチwwwwww」

経緯について:「創造と破壊と



メイサワ14
「いいお話をありがとうございました! とても素敵なお時間でした!」

「本日のゲスト、皆さまご存じ! 『ブログ酒場スタッフの独り言』、そしてスーパースターを愛するサワッチさんでした!」



サワッチ集合写真
サワッチさん、ありがとうございました!!
ブログの更新、そしてイベント開催を心待ちにしています!!





(エピローグ)
サワッチじゃんけん
じゃんけん大会が開かれる



じゃんけんグー
ソッコーで負けました



反省会
サワッチがお説教喰らってました



締めに

常人も狂人も巻き込むトリックスター
天国も地獄も紙一重、キケンなイベントにその身を浸せ
破天荒なサワッチを讃えてロックンロールを極めろ!



(イメージBGM)
#ターミナル・ヘヴンズ・ロック


だから
カーテンコールプリーズ
エンドロールフリーズ
まだ席を立っちゃもったいない




絶対にイベント参加する、て思った人は
下のリンクバナーをアウイェー





ドラゴンクエストXランキング

メイアの部屋 第六回
ゲスト:サワッチ


IMG_1018
DQXブログ「酒場スタッフの独り言」筆者
黎明期からブログ界を賑わせ、盛り上げた立役者
ネタと企画の鬼才、攻略記事も本気出せば書ける
みんなに愛される変態スーパースター
ちなみにこのドレアは罰ゲームによるもの、Ver.4期間変更不可



機は熟した。
この日に備えて血を吐くような準備があったことを私は忘れない。
友を想う剛の衆。それに応えるトリックスターサワッチ。



プランの部屋withサワッチ
(地獄の部屋での特訓)

時として聴く側にも備えるべき言葉があるというものだ。
彼の努力に報いるために覚えてきた和歌がある。

それでは一句

人はいさ心も知らずふるさとは 花ぞ昔の香ににほひける
(紀貫之)



(絶対に伝わらない、この想い)



牢屋で待機
会の始まりを心配そうに待つ親ゴリラの図


※以下、「メイアの部屋」のチャットログまとめを掲載いたします。台詞回しの編集、語尾の変化、重複部分のカットなどハッチのアレンジが入っております。あと、今回はリンク多めに貼ってるので元ネタの「酒場スタッフの独り言」チェックしてね~



メイアオープニング
「では、オープニング!」

「♪るーるるっるるるるーるるっるるるーるーるーるーるーるるっるー♪」

「せいっせい!」

「♪らーららっららららーららっららららーらーらーらーらー♪」

「はっは!」

「♪ららららーらーらーあらーーーらーぁ♪」

「せいや!せいや!」

「♪らーーーらららーぁ♪」
二階の楽屋から響く合いの手。じっとしていられない様子だ。

ぺけぴー「すべってるなあ>サワッチ」


「既にゲストから合いの手が入りましたが! すべってるなぁの合いの手も入りました!」

フジコ「かわいそう」


「かわいそう、のガヤもwww そんな本日のゲストー!」
「ブログ『酒場スタッフの独り言』で一世を風靡! この人に触発されてブログを書きましたって人数知れず! ご紹介しましょう! スーパースター! サワッチさんです!」

「パイプウウウウウウウユニッシュウウウ!」
(悲しいかな、せっかくの登場ギャグもキャラ同時表示数の関係でまったく見えない結果に・・・)



メイサワ1
「サワッチさん、椅子にどうぞー^^」

「はい! 人すごいっすねえ!」

「サワッチさん、自己紹介をどうぞ^^」

「こんにちはサワッチです! 今日はみんな楽しんでってくれるかなー!?」

「いいともー!」 「いいニャモー!」 「あでぃでぃ~?」
元気よく応じる聴衆たち




メイサワ3
「こんなかんじで」




メイサワ7
「サラッと座った! 煽ったの拾ってー!w」

「酒場スタッフの独り言、更新します! がんばります!」

「うんうんw 早速更新の約束!」

「今プランが『オレん時より心配』って言ってるので、もしプラン以下の状況やなって思った時は『P!』って言っていただけたら軌道修正します」

「煽られてるw」 「今の10分で心配しかない」 「まだ一回もウケてへんもんな」
そして一斉に「P!」する魔の住人たち。


「ではそんな優しいプランさんに見守られてるサワッチさんに、1つ目のご質問です^^」

「そぉい!」




メイサワ4
「質問1:ブログについて関わり始めた最初の思い出、お聞かせください^^」

「実はですね、私ブログというか、情報発信はDQXが初めてでして、初めは何もする気はなかったのですが、運よくグレン2丁目の土地が買えまして」

※(最近始めた方へ解説)住宅村実装時、グレン住宅村は超激戦区で滅多に手に入らない憧れの土地であった。グレンのマイホームはある意味ステータスでもあった。


「あー、なんかお店か何かやりたいなあ、とルイーダの酒場のような店を作ったんです」

「ブログのお名前のとおりね^^」

「でもやっぱりお客さんが全然入らなくてですね。宣伝のためにブログを始めたんです」

「初期はまだそういう文化は無かったものね。」
「ちなみにサワッチさんのブログを紐解くと2012年12月8日、こちらが最初のブログの記事ですね」

「すごい」



f80538f4.jpg
「今言われたように、グレン2丁目にバーオープンってタイトルでして」

「ですね、て言われても自分で分からん。もう5年かーーー」

「はやいものね。びっくりするレベル」

「お店来たことあるって方いる?」

ほぼ全員が手を挙げる。



メイサワ10
「すごい!」

「超いる。嬉しいでしょーw」

「ありがとうありがとう。めっちゃ嬉しいw」

「ちょっとにやけてるw」

「すみません。今は廃墟みたいになってますw」

「廃墟w」

「今リニューアルオープンをしようとして、家具を片付けてんけど、あの退避された家具の所で完全に詰んでます」

「wwww」

「うみうさぎさんにお願いしたい」

「よろこんでやってくれそうw」

前回のゲストとうまく絡めたスーパースターサワッチ。中の人のドヤ顔が容易に想像できる


2つ目の質問です^^」

「いえあ!」



メイサワ9
「質問2:ブログに対して持っている思い、こうしたい、目標などお聞かせください^^」

「実はわたくし、ものっすごい遅筆なんですね。」

「意外ね」

「こないだのクイズ記事もあれで10時間以上かかってます」



appt
ヤスンさん主催のグラップラー刃牙クイズ大会、参加者3.5名

「えーー、すっごい」

「気狂いそうになります。」

「ブログ書くのって大変だものね」

「ずっとヤスン見てると、ヤスンってこんな形やったっけ?って、
こいつ何がおもろいねんってなります」

ヤスン「おもしろかったろうが!」


「ディスってるw 今、遅筆でも良い内容ならそれでいいってガヤが入りましたね」

「いいガヤですねえ」

「割といいとこついてた」

「あと内容なんですが、題名に思いっきり金策、攻略ブログって書いてるんですが、詐欺もいいとこでね」

「wwwww」

「攻・・略・・?」 「役に立ったことない」 「金(を浪費する)策」 


「(金策、攻略を)消そうにも、検索にひっかからなくなるから下手に変えられなくてね」

「うんうんw ちなみに2012年12月は17回書いてます

「2日に1回wwwww」

「その次の月2013年1月は、31日あるうち、27日書いてます。すごい」

「何書くことあるんやwwwwwwすごいな」

「ほぼ毎日! ちゃんと金策も書いてたわw」

「すごいな」



背後に2P
ぺけぴー「他人事」
プラン「あこがれです」


「12月24日に堀井雄二さんと握手してた!」
「あーそうそう! 堀井さんと握手した! あれはホンマうれしかった」

「いいなー!(素)」

ぺけぴー「堀井さんかわいそう」


「スパスタのお試し会みたいなそういうので出場したら握手してくれまして。ブログ書いてなきゃ出ようとしてなかった」

「すごい! これは嬉しい思い出ね^^」

「それだけでも書いてて良かったって思います」

「とてもいいお話^^ ちなみに2013年5月あたりから、今ガヤでちょくちょく出てきているプランさんとの絡みが増えてきます」

「あー毒素が」

「Pの一族か」 「ゴリラ世界線」 「分岐点」 「分岐ゴリラ」

「すごいガヤww」

「ルート選んじゃったなあ」

「駄目ルート選んじゃったのね」

プラン、ぺけぴー、イコプとも絡むPルートを回顧するサワッチ


「その後2014年4月に『アストルティア大相撲』コロシアムで相撲するっていう企画してますね」

相撲
(ヨシマンVSテクノ山)
ちなみに決勝後の逆ギレ大乱闘が笑える

「あれはめっちゃ楽しかったんで、ホンマ皆やってほしい」

「金策は?(圧) 看板からこの時点で外して!w」

「そのへんからねw ホントにね」

「角界攻略ブログ」 「相撲興行金策かな」 「よっテクノ山!」




2Pの視線
プラン「攻略とネタが入り混じってるところが秀逸なんだよなぁ」
ぺけぴー「目標なんだったん?」


3つ目の質問です^^」

「そいや!」



メイサワ8
「質問3:ブログの良かった思い出をお聞かせください^^」

「これねえ、いい話しますと、読者さんに声かけてもらったり、フレンドの輪が広がったりが、ほんまブログ書いててよかったことでね。これだけでも書く価値あったなあって思いますね」

「とてもいいお話ね^^」

「あと運営さんにも読んでもろてね。」

「!」

「ひとつの記事がひとつのコンテンツになったのは素直にうれしかったです」

「すっごい! どんな記事が?」

ニャークドレアムっていう猫4匹連れてダークドレアムを倒すっていう記事やったんですが」



ニャンドレ
キャラ4ねこまどう4でダークドレアムに挑み、勝利したサワッチ一同

「うんうん ニャー」

「猫がまったく言う事聞かんっていうオチやったんですがね。」

「それだけでも面白いw チャレンジ精神あふれてる」

「それを見てもろて、『やさい三銃士』ができたそうです」

「へーーー!」 「まじか!!」 「すごいwww」 




「開発の方が『とあるブログで~』と話してくださったらしいです」

「すっごい! ちょっと感動」

「野菜の王」 「やさいッチ」 「ベジッチ」


「結構見てくれているのよねー、運営さん」

「まぁやさい三銃士、最初の頃しかやってn・・・」

毎日行けよぅ!

「この中でやさい三銃士大好きで、毎日行くって方どれくらいおられます?」

・・・・・・・・・

・・・・・・・

・・・・・

・・・

「りっきぃいいいいい!!!」

「みんな! 番組的に!!w」


「ウンイッテルヨ」 「イッタキガスル」 「イモウトガマイニチイッテマス」
死んだコメントしかない


「あと、もう閉鎖中なんですが、皆で集まってブログ書くのも面白かったし、またやりたいですね」

「『さよならレインボーニュウデイズ』ね」



rainbow3
サワッチ、プラン、イコプ、ロッソ、フジコ、ぺけぴー、ヤスンの7人で毎日持ち回りで書くブログ。2017年2月から不定期更新。多くのファンが更新を待ち望んでいる。

プラン「なにそれ」
ぺけぴー「そんなのがあるんですね」


「ああいうのもブログ書いてたからこそやなっていうのがね」

「あれは良い取り組みだった」

「日誌も7人集めて持ち回りでやってみましょうよ。我々も復活するんで」


メイサワ7
「アカウント複数人で分けて・・・規約違反ーーーー!!




つづく
次回の更新を待て



(イメージBGM)
#ターミナル・ヘヴンズ・ロック


だから
カーテンコールプリーズ
エンドロールフリーズ
まだ席を立っちゃもったいない




改めて酒場ブログいいな、て思えた人は
下のリンクバナーをアウイェー





ドラゴンクエストXランキング

メイアの部屋(第五回)
ゲスト:うみうさぎさん




メイアとうみうさぎ

今回のレポートは開催から日にちが大分過ぎてしまっていること、
他の方々がすでに素晴らしい記事を書いてることを賞味して、

ログ取り&再現が持ち味の私の流儀に反る形となりますが、今回はダイジェスト版として紹介させていただきますアウイェー


せめてもの雰囲気づくりに
(オープニングBGM)






メイアうさぎ4

質問1:ハウジングについて関わり始めた最初の思い出


DQX発売から1年半後に開始(Ver.2頃か)しました。海が好きだったので名前に「うみうさぎ」の海をいれました。そんなわけで家を建てるならジュレットだと決めていました。


家具もマリンでそろえたかったから、LV上げやストーリーはそっちのけではまったのがハウジング。今もそれは変わっていない。ハウジングという名の冒険ですね。






メイアうさぎ5

質問2:ハウジングについての思い、目標や直したいこと

目標などといった大仰なものはないです。自分の好きな世界を描ければそれで幸せです。

(世界観の構築について)

世界観の着想については、ドラクエ以外から引き出してくることが多いです。歴史、文学、美術、建築、科学などの好きな分野から拾ってくる事が多いです。




うみうさぎハウス3

また個人の世界観や死生観を形成するものなどからも着想を得ることも。(自分の作品が)ダークなのはそれが理由かもしれません。

逆に他人の家にはお邪魔しないです。プレイ時間の制約が理由でもありますが、感銘を受けるあまり無意識に模倣してしまうと申し訳ないから。


(具体的な構築について)

オリジナルが出来上がる土壌については、まずは頭の奥深くに潜っていくつかのモチーフを拾い出してきます。テーマ以外のものも自分の引き出しから拾い上げますね。




うみうさぎハウス1

それらを家具で表現するのですが、ほとんどの家具はサイズや色、形など頭の中に入ってるので、ログインする前から頭の中でほとんど組み立てておいて、ログインしたらあとはダーッと配置します。あとは微調整くらい。

カメラ役としてサブ垢のキャラを入り口に立たせておいて、モニターだけ覗き込みながら調整もします。




うみうさぎハウス2


イメージとしてはキャンバスにおおまかにアウトラインをひいて、あとは色を置いていく感じです。絵を描くのと同じイメージですね。あとミリ単位で微調整する。足したり引いたり。

ハウジングは動線も重要なので何十回も出入りして確認しますね。見せたい部分がある場合は、敢えて動線にひっかかりを作ります。




うみうさぎハウス10
(メイア補足:庭師にも同じ技法がある。そこで足を止めさせる工夫として)



一番最後にセラフィを置いて完成です^^
IMG_1017

わかりやすいセラフィ愛




メイアうさぎ9

質問3:ハウジングの良かった思い出、ハプニングなど

笑えない話として、冒険者の広場にショップが出来たとき「シンプル切り替え土台」を40個買ってしまったことですね・・・。

当時はフリーパスも無かったので、定価400円 X 40個・・・・・。
(計算しちゃダメなやつ・・・!!)

今になってフリーパスのありがたみを感じます。運営スタッフには感謝しかないですねw




メイアうさぎ10

質問4:ハウジングの反省したい思い出

第三回アストルティアプリンセス賞のイメージが強いので、どうしても写真のイメージをもたれてしまいます。知り合った人に「ハウジングもされるんですね」と言われてしまう。本業のハウジングの知名度がいまいちだと感じることもある。


アスプリ優勝写真
(第三回アストルティア・プリンセス優勝作品)

これはハウジンガーとしての矜持にかかわる話なのかもしれません。DQXサービス終了の日までハウジンガーでありたいですね。




メイアうさぎ12

質問5:ハウジングについて周囲の皆に伝えたいこと

ハウジングに正論や優劣は無い、人と競うものでもないと思っています。
例えベッドとタンスだけのお家でも、家主が落ち着ける空間なら唯一無二の家だと思います。


みんな違ってみんないい、それがハウジングコンテンツの良さだと思います。


(閑話休題:フレンドチャットにて)

メイアうさぎ14

プラン「うみうさぎさんに俺の家見てほしい」

ハッチ「・・・引退を考えてしまうのでは」



プランハウス1

プランハウス2

プラン「多分ゴミを見るような目で見られるんやろな。ごほうび。」

ハッチ「いうてる場合ですか」




(軌道修正、本題に戻る)

うみうさぎハウス5

ハウジングといってもジャンルも多岐にわたるので、リアル、再現、店舗、スタジオ、ジオラマ、ファンタジーなどなど。私はファンタジーに属するかも。ダークな面もあるし。




うみうさぎハウス11

ハウジングは人に見せるよりも自分ひとりで楽しむものだと思いますが、イベントも多くあるので、一人でも大勢でも楽しめる良コンテンツだと思います。




メイアうさぎ11

質問6:あなたにとってハウジングとは?

写真とともにアストルティアと自分を繋げてくれる宝物のようなコンテンツですね。運営スタッフがいるからこそアストルティアを楽しめているので、心から感謝しています。

我々ユーザーもアストルティアを構成する一員なので思い切り楽しみたいですね。




メイアうさぎ8

質問7:今後ハウジングについてどう取り組んでいきたいか

作りたいもの撮りたいものは沢山ありますが、時間の都合もあるので自分のペースで自分の世界を楽しみたいですね。

作者の名前よりも作品の知名度の方が上回るような、、、

「うみうさぎって誰?」と言われても、「あ~、あの家は知ってる」となるような、そんな存在でありたいです。




IMG_1016

空想が好きなので、空想の海をどこまでも泳いでいきたいです





メイアうさぎ16

うみうさぎさん、ありがとうございました。
自分の世界を構築するハウジング魂、職人の心意気を感じることができました。
アウトプットが下手くそな私も、なにか爪痕を残したい! との思いを強くさせられました。


ということで、私らしくピロウズ文学に基づいたエンディングです。
ロケ地はうみうさぎさんの作品にて


(エンディングBGM)








あのビルをこわせば
あのビルとビルを壊せば キミの家が見える








森の図書館で
森の図書館で眠れば 時間もこえられる





祈りへ
見つけだした魔法で 望みを叶えた





滅びのイカ
熱にうなされそうな 現実を払いのけて





サルを家来にして
世界が滅んで僕は王様になった
猿を家来にして さあ何して遊ぼう





夕陽がきれいだ
キミはどこ行った 夕陽がキレイだ
こんなはずじゃないんだ 風だけが笑う





うなだれる
わからなくなった 自由って何だっけ
僕が逃げ込んだ この王国なのか





キミはどこいった
キミはどこ行った 星空がキレイだ





月がきれいだ
涙でにじんだ 月に問いかける





廃墟にて
キミはどこいった キミに会いたいな





待ってる
森の図書館で今も待ってる







そういえばメイアの部屋レポート、一本にまとまったね
と気づいてくれた人は下のリンクバナーをアウイェー



ドラゴンクエストXランキング

~私立ハイブリッドレインボウ学園にて~



校歌1

きゃにゅーふぃーーーーーる ♪




校歌3

きゃにゅーふぃーるざっとはいぶりっどれいんぼうー ♪





FullSizeRender
おはよ~~
二人ともいったいどうしたの??

彼女の名前はさくら・まう(久々の登場)。
ロックミュージックとは無縁の”aiko”ファン女子だ。
ハッチ先生に無理やりピロウズの良さを語られている。




ハッチ先生2踊り右

嬉しさのあまりな、
ふたりで「校歌斉唱」していたんだ


そう、校歌なんだ。。。
で、嬉しい事って何なの~?



んな事もわかんねえのが!? このピンク狸!


!!




IMG_0996

ピロウズが22枚目のNew Album「REBROADCAST」
9/19にリリースすることを発表したからにきまってるだろーが! たわけが!!



そ、そうなんだね
言い方キツイよ、勉八くん・・・。



きさま、最近ハッチ先生に可愛がられてばっかりに!
どうにも気に入らねーーっスよ!!!





ハッチ先生2怒り

いい加減にせんか、勉八! 仕方ないだろ
可愛さで比べれば貴様が「1」 まうちゃんが「100」なんだ

せ、せんせぇい・・・;;


そんなにイライラするならアニメ「フリクリ」でも見て気分転換しなさい!


おお・・・!



勉八3笑い

18年ぶりに復活する続編
「フリクリ オルタナ/プログレ」のおさらいにちょうどいいっスね!

(9/7、9/28にそれぞれ上映)



(フリクリとは)

FLCL

『FLCL』(フリクリ)は、2000年から2001年にかけて全6巻のOVAとしてリリースされた、日本のアニメ作品である。『新世紀エヴァンゲリオン』の次作品である『彼氏彼女の事情』以降は、原作付のアニメ化しか制作していなかったガイナックスによる、久々のオリジナル作品
挿入歌とテーマ曲は一部を除き全てロックバンドthe pillowsが担当した。(Wikipediaより一部抜粋)



そして今秋、続編(二本立て)が上映予定




(いつか特集でも組もうかしら)




ハッチ先生2ポーズ

この番外編で紹介してきた「Please Mr.Lostman」、「LITTLE BUSTERS」、「RUNNERS HIGH」に加え、『HAPPY BIVOUAC』の4枚のアルバムから数曲がフリクリ内の挿入曲に使われているのだ。
エンディング曲には、以前なしサワーさんの回で紹介した「Ride on shooting star」が使われているゾ

フリクリは海外のアニメファンにも響いた。そしてピロウズファンも増えたのだ。
過去数回アメリカでツアーもしているし、現在も(2018年7月)アメリカでライヴ中だ!



このツイートは泣ける。感動でしかない。


そんなわけで、今回はコイツを紹介してみようかね




HAPPY BIVOUAC

HAPPY BIVOUAC(1999)

キミの夢が叶うのは誰かのおかげじゃないぜ
こわがらないで ほらキミは自由
悲しみを全部引き受けたって大丈夫

美しい朝の光を浴びて 二人同時に夢で見たのさ
虹のかかった未来を



1.HAPPY BIVOUAC
2.RUSH
3.LAST DINOSAUR
4.カーニバル
5.Our love and peace
6.Crazy Sunshine
7.Back seat dog
8.Kim deal
9.Funny Bunny
10.Beautiful morning with you
11.Advice




ハッチ先生2ポーズ

PIXIESやDinosaur Jr、キム・ディールへのリスペクトに溢れていて、ロックネタの宝庫でもある。語りだしたら止まらない今作だが、所謂一般人には理解不能になるので曲目だけをピックアップしてお話していこう。

まず結論から言わせてもらうと、前回に続くハードテイストと甘美なポップテイストの融合作品だ。広くて深い曲の数々。総合的にみて欠点が見当たらない。

DQXの職業的にいえば単独攻撃だけでなく全体攻撃をも使いこなす「魔法使い」か、
あるいは、攻撃と回復のハイブリッド「賢者」の立ち位置に近いと思う。
解釈は聴く者にまかせるが。



FullSizeRender

いきなり職業言っちゃったね

うむ。それを結論にしても大した事ではないからな。



それよりも1曲目を聞いてくれ!!

※ここから先の曲紹介はハッチのフレンドである、さくら・まうちゃんに曲を聴いてもらい、
DQX内でインタビューしたものである。ハッチの独り言ではありませんからね!



#1 HAPPY BIVOUAC



どう? どう!?



まう通常
あ、なんか聞きやすいかも
ポップだけどこだわりも見え隠れする感じ



タイトルチューンということで、アルバムを象徴する一曲だね
頂上を目指しつつ、頂点なんて無いことにも気づくんだけど、
それでも楽し気にロックの山頂を目指して登り続ける姿。今も変わらない一貫性を想うとますます好きになる一曲だね。軽やかだけど、力強いハッピーロック。


一癖あるギターリフもたまらんっスよ~~


#3 LAST DINOSAUR





まう通常
前作(RUNNERS HIGH)と同じ印象かな。
ガーーーって走る感じ。歌詞はよくわからないや。


象徴的な歌詞ではある。時代に則しない最後の恐竜が怖いもの知らずで暴れだす、といった所か。
メッセージ性よりもバンドサウンドの圧の方がポイントとなる曲だろう。ライヴでも人気が高くてテンションが上がりまくる曲だ。

この曲には面白い逸話があるんだ。
日頃からお酒を好むさわお氏が泥酔するほど飲んでしまい、そのまま寝落ちした。
朝、ふと目覚めるとテーブルに作曲の痕跡があった。
それがこの名曲「LAST DINOSAUR」というわけだ。

そんなことってあるの?!

さわおさんには有り得るんスよ!

今も変わらず年間に10曲以上作曲を続けるさわお氏ならではのエピソードだな。
まったく・・・惚れるしかない


#4 カーニバル



あやしげなリフから始まる意味深な曲。このギターリフはNIRVANA的グランジロックを自分なりに表現したものらしい。ハッチには大好物だゾ!


まう通常
最初に聞いたときは変わった曲だな~って思ったんだけど、
AメロからBメロへの転調の入り方とか、インパクトの持たせ方がうまいな~て感じた。

ほほう、なかなか良い着眼点を持つじゃないか。

でね、何回か聴いたらストーリーが頭の中で浮かんできてね




ラウルとリィン

これって、DQXの妖精図書館のシナリオ、「ラウルとリィン」の話に思えてきたの。


!!

”待ってたんだ キミと出会う日を” なにか運命的な表現だなって思ったの
1番では報われない世界に対して、二人がキスをして嘲笑的に笑うだけなんだけど
 
”二人同時に夢で見たのさ 生まれ変わった時代 虹のかかった未来
キミとキスして泣いてしまった”

最後はキスして泣いてしまったなんて、すごく意味が深いな~って

そしてもう一度 ”待ってたんだ キミと出会う日を” が来て、
これってあの二人の物語のことだ! って思ったの。

そしたら、泣けてきちゃって何度も聞いちゃった。


なんて嬉しい感想を言ってくれるんだ・・・まう!!
そんな解釈が生まれるなんて、先生目からうろこだぞ。
ある意味ファンは慣れすぎてしまって、一定の概念からはみ出ないものだな。
初めて聞かせたかいがあったというものだ。


くっ・・・。(なんスか、この敗北感は!)



#9 Funny Bunny



こぶたけんしさんの回でも紹介した名曲オブ名曲。
ピロウズの中で最も知名度が高い曲ではないだろうか。
ジャンプコミック「SKET DANCE」でマンガ内カバーもされた(アニメ含む)。

すっごいポップで好き!
あと、”キミの夢が叶うのは誰かのおかげじゃないぜ”って歌詞も表現が奥ゆかしくていい!
”風の強い日を選んで走ってきた”、て静かに相手をリスペクトする感じがするの。

よくある励まし系の歌って、安易な「努力、感謝、愛してる」なストレートな表現ばっかりだから正直辟易というか・・・。

そうだな! いい意味でひねくれてるのもピロウズの魅力なんだ。
目標にひた走る学生さんにも、社会で荒波にもまれるサラリーマンにも、子育てに家事に悪戦苦闘するママさんにも、すべての層に訴えるハートフルソングだと思うぞ。
(私も何度泣いたことか・・・)



勉八2泣き

さ、さくら・まう。。。
おめぇなかなか良い事言うっスね・・・。




#11 Advice





まう通常
こ、これは激しい・・・!


ギター2

アウイェーーーーー!!!!!



IMG_0996

きええええいいいい!!!!!

おべんちゃらはどうでもいいっス!!
大事なことは心の否、魂の底からロックして叫ぶ事っスよーーーー!!!



よく言った! 勉八!!
確かにメッセージ性は大事だが、胸をかきむしるような衝動が無ければロックじゃないのだ!!
今夜は叫ぶぞ、勉八!!!!


アウイェーっス!!!!!



FullSizeRender

だんだん良さがわかってきたかも?w




メイアの部屋レポート回じゃないのかよ!と思ってくれた人は
下のリンクバナーをアウイェー





ドラゴンクエストXランキング

7/7 メイアの部屋 第四回
ゲスト:こぶたけんし氏


あるようで無いのか ないようで有るのか

この道は誰かの真似っこなのか

この仲間とはかりそめの出会いなのか

そんなことは分からないよ 

でも僕は僕の道を行くのさ

この胸の高鳴りと抱えきれないナニカをもって

そこに道があるのさ 無いなんてことはないのさ



IMG_1011

「4つ目の質問です」

「旅芸人の反省したい思い出、ありますか?」

「反省はホント数え切れないくらいあるのですが、」
「やっぱり旅4ではなく、普通の構成にまじってボスに行って全滅したときはめちゃめちゃ凹みます」

「うんうん、通常構成の話ね」

「なんというか、各ボスには大抵テンプレと呼ばれる構成があるわけで」

「うんうん」

「それを無視して旅入りで行って負けてしまうと、全部自分の責任だとは思いませんが、」
「ボスに負けた! というよりはテンプレートに負けた! という気持ちで泣きたくなります」

「これは刺さる話ねー・・」
「これは前回のなしサワーさんもとても判る話でしょう。レンジャー愛好家も同じ気持ちかも」
「テンプレ以外で行くって、結構な勇気いるものね」

「それに、僕を誘ってくれる人は『旅でいいよ!』って行ってくれる方も多いので」
「ご好意がーー!! ってなりますw」




IMG_1009

「でも負けても、その仲間の人はきっと『楽しかった!』のほうが先立つはず」

「だといいですね!」

「これは皆思うところでしょう」

「やっぱりゲームだから楽しかった! が第一だといいですね。特に勝ったら一番楽しいのは間違いないので、とにかく勝ちたい」

「ほんとそれ、とてもわかる。」

「100の負けの上に1つの勝利をもぎ取る戦いしかしてないです」

「うんうん。何度でも挑戦する『挑戦心』、そして何度でも生き返って勝つ!
「蘇生」
「!」



「なーんどでも! なーんどでも!」


こんどはこのさえない現実を 夢みたいに塗り替えればいいさ

そう思ってるんだ 変えてゆくんだ きっとできるんだ





こぶた氏メイヴ戦

「つい昨日も旅2でメイヴに勝ったのですが」


「はい?」 「ええ?!」 「何言ってるの?」 「旅2?」 「やだ変態・・・」

またもやドン引きする観客。



「旅2メイヴは多分4ヶ月くらいチャレンジしつづけましたね」

「素晴らしいチャレンジ! ちなみにどなたとご一緒に?」
「こちらにいらっしゃるのかしら?」

「この会場にもいるぷりぷりんよさん(変な名前)」





IMG_1007

ぷりぷりんよ「こんばんわ」

「でたーーーww」

「一緒に戦ってくれた仲間、ぷりぷりんよさんです!」

「ありふれた名前の女です」

「(ありふれた名前?)そ、そうね・・・」

「トップオブ変な名前ですww」

「みなさま! お二人にお祝いの拍手をー!」




メイア4-15

88888888888888
88888888888888
あふれかえる拍手の波。まるで婚約会見かのよう



「ぷりんちゃん、ありがとねー!」

「そんなこぶさん、5つ目の質問です^^
「旅芸人について皆さんに是非お伝えしたいこと! どうぞー!」

「もう旅芸人は楽しいですよ! としかw」
「あとですね、なしサワーさんの時もおっしゃってましたが、僕よりすごい旅芸人の方は沢山いるんですよね」

「いるのかなぁ」 「いねーよ」 「これ以上の変態?」
どよっと疑いの霧がかかる
 

「これがいるのよー」

「たまたま僕は今この席に座っていますけど、本当にすごい旅芸人さんはまだまだいるんですよ」
「なんか、うまいこと言えませんがw 旅芸人は楽しいよ! とだけw」

「うんうん、とても判る。愛好家ならではの一言って思う」

「旅芸人を動かしていると、自分でもイキイキしているのがわかる」

「そのイメージを周りの人たちはきっと見たいんだと思う」
「勝ち負けも大事かもだけどね、楽しい姿は伝わるものよ^^」

「それですよね!」

「だからぷりんちゃんもその姿を見たいからこそ付き合ってくださったんでしょうし」






ぷりぷりんよ

「そうですねぇ~。むしろぷりんよの方がやる気満々だったなんで言えないw」

吹き出す来場者と司会者



「ちょっと笑っちゃったw」

「僕はむしろ、『えーー今日もやるのーー』って日もありましたw」

「いい話だったのに!w 台無しwww」

「wwww」

「そんなきれいな落ちのこぶさんに6つ目の質問です^^
「あなたにとって『旅芸人』とは?」

「む!」







IMG_0999
「天職・・・!!!!
 かな!!!!!」

おそらくはコントローラーの誤操作。
椅子から立ち上がり天職と言い切るプク男の姿がそこにあった

「立っちゃったw 思わずw」
ふと我に返り照れながら言う。

「立っちゃった(意味深)」 下品なガヤが飛ぶ まったく・・



「wwww意味深w」

そこ食いついちゃダメー、メイアさん!




「・・・旅が立つ・・・・旅立ち」
「旅立ちの唄!」

「!!」

「正に出会いの旅芸人ね」

出で立つはハット姿の旅ガラス どこに向かうかニシエヒガシエ





IMG_0997

「最初に旅芸人は誰かを盛り上げる職って言ったように」
「多分、こぶさん自身がそういう人なんじゃない? ホスピタリティ溢れる人」

「そうありたいとは思っていますね~」

「だから色んな人が慕ったり、これだけの人が集まってくださったりするのよ」

「僕なんか、割と適当にやってますけど、人が集まってきてくれているのは、とても恵まれていると思います」

「うんうん、これまでも、これからもね^^」

「一人ではDQXできませんからね」

「そうね、最近常に感じてる」

「今日ここに来てくださってる方々もいなければメイアの部屋も成り立ちませんしね」

ただの独り言になっちゃうもんね 
ハハハ、たしかにそうだ。



「独り言の部屋も1時間いけるけどね」


メイア_おたけび
メイアはおぞましいおたけびを上げた

観客の身がすくんだ「ヒッ」




「こぶさん、はやいもので残り時間もあと僅かになりました。最後の質問です」
「最後に未来のお話をしましょう」


「今後旅芸人についてどう取り組みたいですか? これからのお話お聞かせください」


「旅1か?」 「タイマンwww」 「一人メイヴ?」
勝手に予想を立てる聴衆。そんな中・・・





IMG_0976

「旅0!」


時空や概念を超えるガヤが飛んできたことをここに記録する。
さすがはプラン師匠。


「ガヤ、秀逸すぎるでしょ!!」





メイア4-16

「アズランにマイタケくんがいるじゃないですか」
「彼に旅芸人を求められた時の台詞が好きで、僕の目標なんですよ」

~以下抜粋~

「やっぱり旅芸人がいると場が明るくなるな。
オレその楽しくて自由な感じにずっと憧れていたんだ。
旅は楽しまないとだろ?」

周囲から感嘆の声がもれる。シンプルだけど深い。
マイタケいいこと言うなぁ



「ゲーム内でもそうですが、私生活でも旅芸人みたいな存在でありたいですね」

「素敵な回答」

「たまにはマイタケのことを思い出してくださいw」

「けど結構真理ね。とてもいいセリフだと思う」


「場が明るくなる存在になりたいですね! 旅芸人ですから!」


「うんうん。誰かのことを楽しませる旅芸人。やっぱりこぶさんってそういう方なのでしょうね!」

「そう!」

「根っからの旅芸人! エンターテイナー!」





桜井さん

「アストルティアの
桜井和寿!」


まさかの称賛に言葉を失ったのだろう。プクが豆鉄砲を食ったように。
時として言葉の間というものは残酷である。
この一言を謙遜で否定しなかったこぶたけんし氏は、チムメン(全員ミスチルファン)から総スカンを喰らったという。実に愛と憎しみは隣り合わせである。






IMG_1001

「チャットでしか会話できませんが、なんとなく表情って文字にで出るじゃないですか」

「判る!」

「わかる」 「でるね、言い回しとかに」 「共感!」
長年やっていると挨拶のタイミングなどでフレンドの調子もわかるくらいだ。
たかがゲームに過ぎないがチャット文化って面白い。 


「なんかね、今もアイコンが笑っているように見えたり、とかね」

「いつも僕のアイコンは笑顔に見えてほしいですね」


「いい言葉ね。でもきっと見えていると思う^^」


~いつでも微笑みを~


いつでも微笑みを

そんな歌が昔あったような

今こそその歌を

僕たちは歌うべきじゃないかなぁ







IMG_1005

「誰かを笑顔にする旅、そう『終わりなき旅』!」


「閉ざされたドアの向こうに 新しい何かが待っていて」

「きっと!きっと!って僕を動かしてる!」


「お時間となりました。本日のゲスト! 終わりなき旅を旅する旅芸人!」

「こぶたけんしさんでした! ありがとうございましたーー!!!」



(エンディングBGM)
~Funny Bunny(the pillows)~




キミの夢がかなうのは 誰かのおかげじゃないぜ

風の強い日を選んで走ってきた

飛べなくても不安じゃない 地面はつづいてるんだ

好きな場所へいこう キミならそれができる




IMG_1003


友の声が後ろで響く うるさいくらいに

たまたま出会っただけなのかもね

会わない日だってたまにはあるよ

でもキミがひとりじゃないのは

信じた道を歩きつづけているから スキップしながら

仲間の声がやまない うるさいくらいに

今でもキミは歩きつづけている スキップしながら

ニコニコしながら




IMG_1006

Thank you! メイアさん! こぶたけんしさん!




ちょっとポエムがくどかったかな・・・
と思った人は下のリンクバナーをアウイェー




ドラゴンクエストXランキング

↑このページのトップヘ