ハッチのアナザーモーニング

内にある思いを全てをぶつけよう 愛するドラクエとthe pillowsに・・・

すべてのバスターズにアウイェー!

※注意
このブログは個人ブログであり商用利用ではありません。
著作物を利用して個人の収益を得ることはなく、むしろ作者への敬意を示し、出版社の利益に繋がるため著作品を紹介することをここに表記いたします。
みなさま何卒『蒼天のソウラ』の応援をよろしくお願いいたします。



メイアの部屋 第十三回
ゲスト、トークテーマ共にシークレット

メイアさんの告知を見て胸が躍ったのは私だけではないだろう。新春スペシャルということで特別なゲストを招き入れるという。
相手が分からない不安、そしてそれを上回る期待が心身を巡り、気が付けば開始40分前に会場に着いてしまった。
少々早すぎたかも、焦る自分に呆れつつも入場すると、そこには数名の勇者たちが待機していたのだった。友の姿もそこにありほっとした。


FullSizeRender


次第に来客が増えていく。シークレットゲストに思いを馳せる余り会場はその話題でもちきりだ。

ゲストは一体誰なんだろうね~?

まさか、つばさちゃんとか?
ゲーム実況してるつばさちゃん?
ばっさーってこと?
本田・・・翼ちゃん?
本田翼に違いない!
本田翼ちゃん、いらっしゃい!
うおおおお! 「ゆうたの」見てるよ!


観客の予想は十人十色。全てに可能性があり、こればかりは予想が立てられない。
一体、何田翼なんだ・・・?



IMG_0065

お時間となりました。ただいまよりメイアの部屋を始めます。

本日のゲストはキャラ名「ユルール」!

そしてその正体は! そう!



ソウラ表紙
漫画『蒼天のソウラ』でおなじみ! 
漫画家の中島諭宇樹先生です!



ようこそ先生
中島先生、軽く自己紹介をどうぞー!

あけましておめでとうございます~!
漫画『蒼天のソウラ』を描かせてもらっている、
ユルールこと、中島諭宇樹です!



本田翼じゃなくて
本田翼さんじゃなくてすいませんw

wwwwwww

皆さま向けに少しだけ、ご説明です



先生こちらに
本日はシークレットゲストでお招きした背景もございますので、
ご来場の皆様の中には、中島諭宇樹先生、及び『蒼天のソウラ』について、
あまり詳しくない人もいらっしゃるかもしれませんので、
最初に少しだけご説明をさせていただきます。

本日のゲストは漫画家の中島諭宇樹先生。漫画『蒼天のソウラ』の作者の方です。



蒼天のソウラ
『蒼天のソウラ』はアストルティアを舞台にした、
ウェディ少年のソウラと、その仲間達の冒険活劇。
DQ10のサイドストーリーとなっております。

連載の開始は2013年2月。
魔戦やスパスタが実装されたVer1.2の頃から、約6年の連載を経て現在に至っています。


単行本は現在12巻まで発売されています。




当初はソウラと仲間たちの冒険譚が中心となっていましたが、
物語も進むに連れて実際のプレイヤーの冒険者も物語に登場したりして
更に盛り上がりを見せています。



ユルール10
「ソウラ」の冒険はDQ10のメインストーリーのアナザーストーリーとなっていて、
私たちの知っているアストルティアの物語の裏で進んでいるお話とおもってください。
ちょうど冥王と私たちが戦っていた頃の裏の物語のような感じです。




勇者ユルール一行
中島先生のキャラ「ユルール」は本編で登場するキャラの一人。

ソウラが活躍する裏で、見事冥王を打ち破った<勇者>として呼ばれているキャラとなっております。



FullSizeRender

ソウラの世界における私達の世界線の代表キャラが「ユルール」という感じです。

そんな漫画の中のキャラがリアルのここ、アストルティアに存在して喋っている。
不思議な感覚にとらわれてしまいますねw


彼女の名司会ぶりに聴衆はため息を漏らす

解説が素晴らしすぎる・・・
さすがウィキペディア・・・
ウィキメイア
メイペディア


といった解説でしたw
ユルールさん、合ってますー!?


ユルール1
ありがとうございますー!
僕が解説する100倍分かりやすかったです

よかったー!w
是非読んでない人も読んでみてね!

あ、作中のユルールと僕の名前はいろんな事情があって同じにしてますが、別人と思っていただければw 漫画ではオーガですしねw

そうですねw
ではそんな背景も込みで、色々お聞きしていきます!



質問1:漫画『蒼天のソウラ』を描き始めたきっかけをお聞かせください


編集長に、今度ドラクエのコミカライズをやるから描いてみないか、と言われたのがきっかけですね



サイトーブイ
うんうん、サイトーブイさんですね





イヨク編集長
あ、イヨク編集長ですw


違いましたw

当時はまだオンラインであることが情報が出ていなかったので、
わかったときは編集部みんなで慌てました

最初はオンラインありきではなかったのですね。ちょっと意外なエピソード
大変じゃなかったです?

オンラインゲーム自体やったことがなかったのでかなり戸惑いましたね~

ここにいる人たちも多分、多くが「DQ10が初めてのネトゲ」って人は多いと思います

そういう人が多かったのは心強かったですねw





FullSizeRender

でもソウラ本編はオンラインのネタがいくつか入ってるから、
途中から盛り込んだんですね





FullSizeRender

僕自身の生々しい体験が生かされています。

色々ありましたものね、アストルティア
そんな、オンラインが初めての経験だったユルールさんに2つ目の質問です!


質問2:漫画『蒼天のソウラ』について持っている思いはありますか? (目標、こうありたいなど)


ソウラという漫画は、皆さんが自分自身の冒険を想像するダシにしてもらえれば、と思いながら描いてます

素敵!

ゲームとして見える世界以外にも、もっと色々なシーンや裏話がこの世界には溢れていると思います

ほんっとよくわかります

そういうゲーム上では見えない部分を想像する上での材料になるといいな、と思いながら描いてま

冒頭に「今日は様々な冒険者の皆様がいらっしゃってます」って伝えたんですけど
そんな一人ひとりへの冒険へのきっかけになれば、ってことですね



ユルール8
みんなもっと妄想を爆発させるんだ!

妄想を爆発!

妄想は爆発!


素晴らしい一言!w
ソウラの世界も妄想が爆発しているわけですが ―



(ここで中島先生の素晴らしき妄想の産物を紹介)

FullSizeRender

主人公ソウラの「エクステンション・ライン」
物質に生命を与えてモンスター化、攻撃手段をつくる




FullSizeRender

ソウラの幼馴染マルチナの「ヒャダム」
周囲を氷のリンクに変え、スケーティングしながら戦う




FullSizeRender

熟練冒険者ダンの「デモリッション・サークル」
何重もの暴走魔方陣を使って超強力な呪文を放つ


どれも素晴らしい! カッコイイ!!


そんなユルールさんに更にお聞きしてみましょう!
質問3つ目です!


質問3:蒼天のソウラを描き続けてきて良かった思い出、楽しかったハプニングなど是非お聞かせください!


ユルール2

僕自身がいちプレイヤーとしてシナリオを心待ちにしたり、
読者さんとこうやってゲーム内で会えたり、
逆にプレイヤーさんに漫画に登場してもらったりと、
ライブ感のある連載をさせてもらっている事が本当に楽しいですね

「ライブ感のある連載」
あまりない体験ですよねー

非常に珍しい連載の影響なので、こんなことができるのは多分漫画家人生で最初で最後だと思いますので精一杯楽しもうと頑張っています^^

本当にこういった形って今までにない気がしますね。

読者参加企画とか、編集部の負担も大きいのですっごく頑張ってもらっています

【解説】実は蒼天のソウラにはこれまで多数のプレイヤーキャラのみなさまが登場しています。


FullSizeRender


FullSizeRender

代表では2代目アストルティアプリンス・プリンセスたち
そして募集に載ってくれた人たち


この会場にもちらほらいますね~

ですね!
まだ登場してないみなさまも、つい先日も公式に募集があったので次の募集有れば是非応募してみてねー!

ばんばん書かせてもらってますからね!


今「ばんばん書かせてもらってます」とありましたが、
「ばんばん」さんって方がここにいます…



ばんばんどきっと

まじか!>ばんばん


ばんばんです



後編につづきます!


最後にピロウズを1曲

ソウラの生みの親、もとい神様こと中島先生がアストルティア狭しと
冒険劇を創る活き活きとした姿から



MARCH OF THE GOD
the pillows


後編もばんばん書きますから!!
下のリンクバナーをアウイェー





ドラゴンクエストXランキング


はじめますよ
遅ればせながら・・・

新年明けましておめでとうございます。
今後ともハッチのブログとピロウズをよろしくお願いアウイェー



今回は昨年の12/23に企画した「素人に『ペナルティーライフ』聴かせてみた」のブログイベント公開収録の様子をまとめます。




ペナルティーライフ登場人物

ハッチ:当企画で着々と生徒が増えてご満悦の筆者

さくら・まう:生徒第一号。普段ロックは聞かないただのaikoファン。

レスタト:生徒第二号。律儀にアルバムを買い揃えて中級者の域に近づきつつある

リョウト:生徒第三号。当ブログに感化され、今回から飛び入り参加となった新メンバー。

アリシア:ハッチ同様、根っからのバスターズ。今回はご意見番として参加。



バスターくん
みんな、これを見てくれ!!




レスタトフェイス


ダークキングのぬいぐるみじゃないですか! いいですね!




だーまつバストアップ
実は10月のピロウズ集会のあとにだーまつさんから、プレゼントでいただいたんだ!



まうフェイス

すごい高価なプレゼント・・!
ダクキンちゃんかわいいね!





バスター君とギター
ちがう!!
こいつはバスターくんだ!!

バスター・・くん・・?



アリシアフェイス


ハッチ先生、そろそろ始めましょう


あ、はい



素人にペナルティーライフ聴かせてみた1

今回から初参加となる新しい仲間を紹介しよう!
リョウトさんだ!!



リョウタフェイス
リョウトといいます。よろしく!!
早速「Rebroadcast」から聞き始めて勉強してます!
好きな曲は「Binary Star」です



レスタトフェイス


おおお・・!
新しい仲間が増えましたね!!





嬉しそう
それでは授業を始めよう
今回のテーマはこれ!!



ペナルティーライフ

ペナルティーライフ 2003年11月リリース

(収録曲)
1.Dead Stock Paradise
2.ロンサム ダイアモンド
3.Freebee Honey
4.ターミナル・ヘヴンズ・ロック
5.昇らない太陽
6.ファントム ペイン
7.I know you
8.ムーンマーガレット
9.スーパートランポリンスクールキッド
10.モールタウンプリズナー
11.傷跡の囁き 誰もいないパラダイス

キミは間違ってないのさ
ありのままでいていいのさ
キミは輝いているのさ
僕の目にはまぶしいのさ




弾き語り

もう15年以上前の作品なんだけどね、全然飽きないんだよな~

今回は敢えて古いロックサウンドで構築されたアルバムとなります。



まうフェイス



なんか古くて渋い印象を受けました


そう! 60年代のUKロックと70年代のパンクムーブメントの中間に位置する
「モッズミュージック」
そして80年代と90年代の間に台頭した
「ニューウェイブミュージック」

それらのサウンドをピロウズ独自のオルタナティブロックと融合させて表現しています
時代の合間合間に輝いたセンスがより集まって、粘り強くかつ自由に鳴っているのが印象的ですね



アリシアフェイス


原点回帰とも謳ってましたしね




thank you my twilight
前回のアルバム『Thank you my twilight』について、
さわおさん自身がポッドキャストで公表してましたが、

ミキシングという編集作業を完全失敗してしまいましたが、
そのミキシングを行ったのが、リードギター担当のPちゃんこと真鍋君でした。
当アルバムはプロデューサーである吉田仁さんがミキシングしてます。



嬉しそう

まずはタイトルなんどけど、まうちゃん「ペナルティーライフ」って意味わかる?



まうフェイス
うん、わかるよ。予習したもん!
「無期懲役」でしょ!



大正解!

今回の課題曲には紹介していない曲ですが、
「モールタウンプリズナー」って曲が10曲目にありましてね、
サビで「ペナルティーライフ!」って叫ぶんですよ。

じゃあなぜ無期懲役なのか?

歌詞から引用すると
”また揺れ出した まだ震源地は 僕の真下 離れない”
とあるように、ロックンロールそのもの、もしくはその情動がまったく治まりそうにない

熱い激情に縛られて、さながらロックンロールへ幽閉、無期懲役状態だ、と自分たちを表現しているんですね。まさにピロウズの生きざまってやつです。

ではそろそろ課題曲に入っていきましょう
ファーストトラックであるこの曲!



Dead Stock Paradise







レスタトフェイス



出だしがすごくかっこいいですよね!




まうフェイス

歌詞が英語だからよくわかりませんでした><



まあまずはこの激渋サウンドを楽しんでくださいな。
歌詞を完全に理解しなくても、サウンドからさわおさんの不動のプライドを感じられるよ。


曲タイトルは「売れ残りの楽園」と訳されるけど、いまだに世間から充分に評価されない現状を皮肉ってます。

”Sick for Motorbike”
と初っ端からバイク狂について歌い始めてますが、



まうフェイス


さわおさんバイク乗ってるんだね


いや、乗ってないし、そもそも乗れない

ええええええええええ!!


レスタトフェイス


なんか乗ってそうな雰囲気だったからw





リョウタフェイス


バイク乗ろうよwww




アリシアフェイス

メンバーで唯一普通自動車免許は持ってるんですけどね・・・



でも自分で運転する機会もないからペーパードライバーだね

まあバイク狂という表現についてですが、万人受けする価値観ではなく、分かる人にしか分からない孤高なポジションとも言えます。
なので我が道を行くことの例えとして選んだワードだね。
バイク文化とロック文化を掛けた感じですね。

サビの終わりに、
”Tell me frankly what your ideas on my paradise”

と歌詞にあるように「僕のやり方に率直に口出ししてみなよ」と挑発もしてます
悪く言うとピロウズはセールス的には売れてない部類。ハマれば強いが間口は狭いと言える。

そんなやり方に対して事務所、レーベル、業界の人達から様々な批評をいただいたことでしょう。

でも安直な売れ方をするようなアドバイスをはねのけて、
自分がカッコイイと思う音楽を作り続けていくんだっていう意気込みを感じますね。
一曲目から溢れる反骨精神、これはアルバム全体のテーマとも言えるね。



まうフェイス


素敵!




リョウタフェイス


ふむふむ



次は3曲目になります。非常にテンションの高い曲だね


Freebee Honey





ちなみにこの曲だけミキシングが真鍋君らしいですw



アリシアフェイス


そうなんだ


ちょっと音がこもって聴こえるのはそのせいですwww
フリクリの最新サントラアルバムに、この曲のリテイクがあるけどサウンドも超クリアで最適解になってます



レスタトフェイス


真鍋さん、最近ツイッター始めましたよねw





メンバー三人で和菓子屋さんになった夢を見たとツイートしてましたね。
仲良く会ってほしいものです、うんうん。


私も決して英語が強いわけじゃないので「Freebee」って意味がわからず、
なんとなくスルーしてきたんだけどね



まうフェイス


自由なハッチって意味でしょ?w





ハッチ先生キメ

んで調べてみたら、「無償提供」とか「無料配布」みたいな意味らしい



リョウタフェイス


ほおお




レスタトフェイス



ハチじゃなかったのか・・・


ハチが語源になってるから何らかのつながりがあるんだろうけど・・・
分からないからスルーしとくねwww

ただね、無償提供って意味で歌詞を見直すと見方が変わって面白くなります。

一流を目指しつつもなかなか世間に浸透しない自分たちのスタイル
だったらお高く留まる意味はない、無償提供になってでも前に進んでいくぜ、との勢いが伝わってきますね。



まうフェイスあのね、バスケの歌かと思いました。バックシュートとか出るし。ドラムのビートがドリブルみたいな感じで




スポーツ的な描写は確かにあるね。


ハルコバスケ

バスケといえば映画「フリクリ オルタナ」で実際バスケシーン(というか戦闘シーンw)が出てくるのでマッチすると思うよ

そしてこの曲にも挑発や皮肉が目立ちますね



レスタトフェイス


もしかして売れてる奴らに対して結構毒吐いてます?w



安直な成功を収めた連中に対して、「黒い鳴きマネ」とか「最短距離を着飾ったブタ」とか、けっこうキツイ言葉を使ってますね。実際レーベルの忖度というものはありますからね。

ただ他者への攻撃が主体というよりかは自分を奮い立たせるための表現だと私は感じます



さわお25周年

結成25周年記念ライブのMCでさわおさんは印象的な事を言います。

俺たちは遠回りをしてきたように思える、だが違う
俺たちは近道をしなかっただけだ
もし生まれ変わったとしても、同じ道を歩みたい

とね

セールスが伸びれば事務所もレーベルもピロウズをとことん可愛がるでしょう
しかし、それだけが音楽の価値なのか?

分かってくれる人のハートに一生鳴り響くミュージックを作る
そんな道を目指しているんだと思うんだよね。狭き道ですが。



リョウタフェイス


ふむう、深い



だからこそ、”Maybe I'm gonna be a freebee now!”



まうフェイス


すみません、日本語でお願いします




レスタトフェイス


wwwww



いや、サビを叫んだんだよ!w

まあでも個人的に感動した個所は後半のブリッジ部分

”この両手と両足で出来ることがまだあるはずだ 孤独な苛立ちをにぎりしめて痛むコブシで今”

この後もピロウズは何度もチャレンジして曲のリリースを繰り返していくんだ
そしてそれはこの15年間で一度も裏切られてないんだよね!



アリシアフェイス


だよね



リョウタフェイス


といいますと?



ピロウズは若手バンドかよ!?って思えるくらいリリースが早いんだよね
大体18ヶ月待てば、新譜を出してくれますw


リョウタフェイス


えええ!!




まうフェイス


aikoより早いね!



レスタトフェイス


ミスチルよりもw
※レスタトくんはミスチルファンです



そんなaikoやミスチルを愛してやまないさわおさんが
音楽業界や世の中の浮き沈みを楽しく唄っております、4曲目に参りましょう!



ターミナル・ヘヴンズ・ロック







踊りたいぜ
アウイェー!!!

曲調は非常にダンサブル、曲展開と言葉遊びが癖になるオールドロックンロール!
直近のアルバムには無いパターンなので、初期や第二期の引き出しから生まれたように思えます。



レスタトフェイス

最初のイントロの「チャーチャッ! チャーチャッ!」の部分がなんとなくダサくて好きですw





まうフェイス
この曲の歌詞を調べようと思ってネットで検索したらね、なぜか18禁マーク出てきちゃってね!





アリシアフェイス


腰振るシスターのところかな?w



踊りたいぜ
ベッドで数えたヒットポイントのところかな?w




まうフェイス

15歳だから見れなくて!!



・・・・・

・・・・・

wwwww


ごべんなさい;;



からのアウイェー

オホン、タイトルを直訳すると天国の終端地点

1曲目のDead Stock Paradiseにもパラダイス(楽園)というワードを使っているように、
天国や楽園とは、音楽での成功や幸福を表してると読み取れます。

しかしその天国、全員がハッピーではありません。
一瞬流行ったかと思えばすぐに皆に忘れ去られてしまう厳しい業界です



レスタトフェイス


この曲、犬の扱いがちょっと・・・





アリシアフェイス


吠えてた犬が逃げ出して、最後は死んじゃうよね



さわおさんは犬という単語を失敗例に使う事があるんだよね
これには「犬派」大激怒ですよ



まうフェイス


あわわわわ



まあ私は「猫派」ですが




「メレアーデ 猫」の画像検索結果
レスタト:ドラクエも猫が優遇されてるしwww



リョウタフェイス


ぼく犬派・・・・




まうフェイス

aikoは別名「うたういぬ」なんですけど!




あっ(気まずい)




さわおとわさお
ほら~、さわおさんはわさおくんとこんなに仲良しなんだよ~




まうフェイス


わんわん!


よし、これで平和な空気になった



レスタトフェイス


何ですか今のやり取りw





まうフェイス

でも歌詞を見て思ったのは、韻を踏みながら正反対な言葉を並べたり、すごいな、と



さわおさんの高度な皮肉が詰まってて面白いよね
去る者、死んだ者、祝福と冥福を祈られる者。そんな吹き溜まりがターミナルヘヴンというわけだ。大変な世界ですよw

でもサビで
”だからカーテンコールプリーズ エンドロールフリーズ まだ席を立っちゃもったいない”

とあるように修羅の道に於いても、それでも音楽の魅力から離れられない自分たちを明るく歌ってます

時代を感じさせる古くさいロックナンバーですが、今聞いても色褪せずカッコイイ!
これが音楽の神髄なのでしょう。これ以上解説するのは陳腐なのでやめときます

ファン歴15年のアリシアさん、何か補足ありますか?



アリシア先生
この曲の歌詞は佐野元春さんの影響もあるのよね

ほう! ハッチの知らない視点だ!

度々出てくる話だけどアスピリンの単語とかがそうだったりする
「Someday」が収録されてるアルバムに「ハッピーマン」という曲があって、それがモチーフになっていたかと



リョウタフェイス


チェックせねば!






曲調も似てるような

アリシアさん、素晴らしい補足をありがとう!!
やっぱ持ってますね~ 知ってますね~
知ってるといえば次の課題曲!



I know you




アコースティックギターが心地良く鳴り響く非常に明るい曲で、
モッズ要素とカントリー要素が混ざり合ったサウンドてす。私もよくカラオケで歌いますw



レスタトフェイス



ライブで盛り上がりそう!


実はこの曲、当アルバムで最もライブで演奏される曲なんですよ



アリシアフェイス


ライブの定番ですよね


この曲は詩の世界観もわかりやすいし、普遍的なラブソングにも受け取れるし、
嫌いになる要素がないと思うんだよね。



レスタトフェイス


サビの”I know you”を連呼するところがめちゃ好きですね



この曲、ピロウズらしくない汗臭い歌詞が出てくるんだよね
”すべてにこだわりを すべてのチャンスボールにフルスイングを”

あれ?ひねくれてないぞ! どうしたんだ、さわおさん!?
というストレートな歌詞に往年のファンは意表を突かれますw



まうフェイス


だって恋に落ちちゃってる歌だし!!



ご指摘はごもっとも。私が訓練されすぎただけですからw



リョウタフェイス


wwwww



”今しかないこの時を 今しかないこの両手でぎゅっと掴んで騒いでる”

とあるように、ピロウズの「今しかない!」って動き方は15年前も今も変わらないよね。
リリースの面でも全国ツアーの面でもね



PTチャットにて
まうからの指摘




やってない





ま、まさか

あああああああああああああああ!!

「昇らない太陽」抜けてました・・・



リョウタフェイス


なんかおかしいと思ってたんだwww




す、すまん
少人数でも緊張しちゃうもんですね。。。



アリシアフェイス


一番重要な曲だし、最後でちょうどいいよ




レスタトフェイス



ナイスフォロー!



まうフェイス


アリシアさん素敵! そして優しい


ありがてぇ・・・



昇らない太陽





ちなみにこの曲の何が重要かというと、
「昇らない太陽」を書き終えて当アルバムの全体像が見えてきたんだよね



アリシアフェイス


たしかスランプ時期だったみたいだね


そうそう。ポッドキャストでもさわおさんが言ってたけど、色々疲れちゃったんだよね
着々とファンは増えていた時期でもあったんだけど、その反面でネット上のファンからの心ない声があったり、業界での予算やギャラに関わる面で苦しい思いをしてきたことでしょう。

色々と傷ついていた時期に書いた曲がこの「昇らない太陽」



月がきれいだ

”明け方ふいに現れる月を キミだと信じてたのは遠い昔のことさ” 
とは悲しすぎる一節ですよね

自分を照らしてくれる太陽だと思っていたもの、それは音楽に直結する希望そのものを指しているのでしょう。しかしそれらはすべて冷たい月だった、と締めくくられるこの曲。胸が締め付けられそうです。
でも、でもいい曲なんだよね。


ちなみに当アルバムではなく、映画フリクリのサントラアルバムのこの曲を聞いてもらえると幸いです。サウンドが最適解になってます。



リョウタフェイス

この曲、最初にYoutubeで聴いてきたんです。そのあと、新しい方をPCで聴きまして、




ん? 新しい方を聴く??
(リョウトさん素人のはず・・・)


ハッ!

FooL on CooL generation

まさか、ポチったのかい!?



リョウタフェイス


ポチってあったwwww



買ってくれてたんだwwww
伏兵あらわる、ですよw



リョウタフェイス
新しい方のサウンドを聞いて、こっちがやりたかったんだろうなって感じました。
ギターの枯れた音が全然活かせてないよね、古い方は。



そうそう、古い方はドラムがしつこすぎて、メロを喰っちゃってるのよ
リョウトさん、ハッチと一緒でサウンド寄りのコメントしてくれるね、なんか安心するよ!



そんな物悲しい曲なんですが、この曲を書き終わってさわおさんの中に湧いてきた感情があるんです。
それを!


はじめますよ
アリシアさん! お答えください!!



アリシアフェイス


え!




まうフェイス


まさかの丸投げ!?



いや、アリシア先生なら知ってると思ってさw



レスタトフェイス


で、さわおさんはどう感じたんですか?












アリシア先生

「俺まだいい曲かけるじゃん」ってそんな感じだったかな












からのアウイェー

アウイェー!! 大正解!!!

一時の寂しい感情はあったにせよ、俺の音楽への情熱全然冷めてないじゃん!
って再確認するんだよね!

それで自身のロックの原点を引っ張り出して、モッズやニューウェイブ、オルタナを散りばめて構成したのが
当アルバム『ペナルティーライフ』ってわけさ!!

最初の話につながりました。計算通りです。さすがハッチ



まうフェイス


曲順間違えたくせに・・・




さて、このアルバムを敢えてドラクエ10の職業に当てはめてみると、




まうフェイス


出た、いつもの!





ガード
サウンドの趣向(ステータス)は一定の時代に偏っており、
パッションを感じさせつつも穏やかで安定した印象。
器用さにまかせて活路を開くのではなく、
溢れる反骨精神で真正面から敵に挑む姿。

おわかりでしょう、
そう!このアルバムは!!





パラディンガード

パラディンアルバムに認定します!!




リョウタフェイス


よくわからないけど納得しました!www



今日の授業はここまで!!






ペナルティーライフ集合3

次の授業のテーマはアルバム『GOOD DREAMS』だ!
みんな、また会う日まで!



マニアックすぎて末期ブログだと思ったあなた、
キミは間違ってないのさ~
下のリンクバナーをアウイェー






ドラゴンクエストXランキング

第2回 ピロウズ集会 後編


ピロウズ集会人物紹介

ハッチ・・・ピロウズ集会主催者。サウンド重視のため感想が抽象的。仲間に頼っている。
レスタト・・・ap bank fesからピロウズの魅力に触れる。現在はハイブリ学園の生徒に。
みゆ・・・レスタトの紹介から当集会に電撃参加。さわおさん同様ネギが苦手。
ジオット・・・年若い学生にして膨大なピロウズ知識を誇る。日誌にも当集会の感想を執筆。
アリシア・・・ピロウズとはフリクリから始まり15年以上の付き合い。ミスチルも大好き!
ルスラン・・・歌詞解説において右に出るものはいない。流石は我が軍の参謀。
だーまつ・・・姉の車から流れたリトバスに心奪われた経験あり。愛妻家。
イズミ・・・フリクリにも造詣が深い。「超新星爆発」と言い残し、お空の世界に旅立った(寝落ち)




会場2

では6曲目 眩しい闇のメロディー



映画「純平、考え直せ」のタイアップ曲ですね
最初コレ聞いたとき、「あれ? もう9曲目?」と思ってしまったよ


アリシアバストアップ (2)

アリシア:わたしもw




今までのパターンがあるからね
Brilliant Crown、持ち主のないギター、ムーンダストなど
ピロウズにはラスト手前の曲目にシリアスで壮大な曲調を配置することが多いんだよね

歌詞全体から、一種の逃避行のような切なさ、儚さ、温もりなどを感じるね
詩の世界には「壁を破ろう」とか「限界を超えよう」とかそういう励まし方があるけど、
(もちろんピロウズ自体にもある)
この曲に関しては悲しみに寄り添う形での励ましだよね



関連画像
世の中に色んな事が起きても、中身には原因と結果があって、
いい意味でも悪い意味でも、自業自得、因果応報に囚われる。

本人にとって悲しいこと、悔しいこと、矛盾だと思えることにも
背景には必ず原因があり、その元を絶たなければ同じ苦しみが繰り返される
本人が変わらなければ環境も変わらないという、正しくも冷たい社会法則がある

そんなシステムを受け入れられない半端者たちに対して、さわおさんは
キミのためだけに歌うよ、と寄り添ってくれるのがこの歌の世界観なんだよね
さわお節だよね

ルスランバストアップ (2)

ルスラン:基本ピロウズは傷を持っている人向けですよね





だよね



やめときな
まぁ私の事でもあるんだよねw
努力不足だったり、タイミング誤ったり、と失敗ばかりだけど
でも、そこからでもいいぜ、歩み出そうぜってさわおさんに励まされてるんですよ

ルスラン:だから眩しいんですよね、闇が。光がそこにないだけで。

だーまつ:なるほどなぁ


ジオットポーズ (2)

ジオット:個人的に「Flag Star」の進化系かなと思いました。曲調も詩の世界も似てるので



おお、そこまで気づかなかったよ!
キミと僕の二人だけの世界観が共通してるみたいだね


だーまつバストアップ (2)

だーまつ:皆さんの感想聞いて、深いなーと思いました。すみません、自分はまだあまり聞き込めてなくて・・・



無理に合わせることもないよ。段々でいいと思うよ。

だーまつ:ありがとうございます。そういえばCD買うこと自体ひさびさだなー、と。歌詞カード眺めるなんて何年ぶりだろ、と真っ先に思いました。


みゆバストアップ (2)


みゆ:あーわかる




(だーまつさんの名誉のために補足)
この座談会以降、だーまつさんは「Rebroadcast」を聞き込んだとか。
その影響が家庭内に反映され、見事奥さまをバスターズに感化させたのだ!


レスタトくんも久しぶりにCD買いすぎてお小遣い無くなったって言ってたもんね。


レスタトバストアップ (2)

レスタト:そうそうw ピロウズの「Rebroadcast」と「Fool on Cool generation」、あとミスチルの「重力と呼吸」でw




アリシア:私も「重力と呼吸」買ったよ!

(解説)
ここに集ったバスターズはミスチル好きな人も多い。
個人的な意見だが、ミスチルとピロウズは勇者と盟友の関係に近いと思ってる


アリシア:私はダウンロードで買いました。もの増やしたくなくて

ルスラン:わかるわかるw

だーまつ:そうそう、増やしたくないんだよねw

ジオット:実は僕はレンタルで借りて聞いてまして・・・学生だからお金なくて><

全然普通の事だと思うよ! ヤング世代ならではだよ^^

ジオット:ヤングwwwwwwww


※この辺からみんなが自由に発言し始めたので、主催者的にほっとしました。


こんな感じで気楽に気軽に盛り上がってるように、アルバムのマスコット的存在が次の曲です
「Bye Bye Me」



ホントかわいい曲だよね
リブロ~ドキャスティ~~ン♪
リブロ~ドキャスティ~~ン♪

だーまつ:ああ、好きですね~

ルスラン:聞いてて気持ちいい

アリシア:サビでニヤニヤしてた

みゆ:気軽に聞けます


校歌1

イェ~へへへ~~♪

レスタト:まだ歌ってるww

肩の力を抜くというか、緩急がつくことは大事な要素だよね

ルスラン:アルバムの構成としてですよね

うんうん、前の曲が壮大だったからね。バランス大事。
もしかしたらこの曲、今回のアルバムツアーでしか演ってくれなさそうな気配がw


ルスランバストアップ (2)

ルスラン:数年後にさわおさんが「意外と人気あるみたいじゃないか」とか言ってやってくれるかもww




アリシア:ありそうww

そして唐突に始まる電子音
「Starry Fandango」




もうこの始まり方は完全に狙ってますよねw

だーまつ:初めて聞いたとき「あれ?」と少し戸惑いました

完全に「Thank you, my twilight」のセルフオマージュですね

ルスラン:こういう演出も「再放送」だな~って感じましたね

ジオット:ですです

"fandango"という言葉は「MY FOOT」の中に出てくる言葉だよね
”夜を急ぐファンダンゴ”って

ルスラン:メキシコの音楽らしいですね、ファンダンゴって

うんうん。英語でも「音楽的に熱狂する」という意味らしいね。パーティーとかに使われるとか

ルスラン:2,6,8曲目は宇宙ネタが多いですね



ビート8
トワイライトが夕暮れなら、ファンダンゴは夜空がテーマ
続きの世界観なのかな、と思いました。


月がきれいだ
「トワイライト」でキミ(音楽)と添い遂げて、
「ファンダンゴ」でキミの銀河に星を飾り付けて星座の名前を決める

やがて自分がいなくなっても、偉大な音楽は星のように輝いて残る、という壮大な物語を感じましたね



第2回ピロウズ集会.mp4[2018-12-14 10-48-07.014]
アリシア:「Bye Bye Me」の ”揺り椅子に座った無言の老人は 夕方と夜の違いをまとって”の一節にも引っかかってきますよね。

おおお! 着眼点が素晴らしい!!

ルスラン:自分にバイバイする前にリブロードキャスト(再放送)して、夜に向かっていくというわけですね

夜の世界でもファンダンゴするというわけだ~
やっぱみんなと一緒だと詩の世界が広がって勉強になるわw

ルスラン:今作は仕込みが多そうですもんね

自分でアルバム感想会企画しておいて、全然読み解けてないハッチという・・・w
でもいいんです。ブンブン鳴らしまくるんですよ、アウイェー!


というわけで9曲目「BOON BOON ROCK」



ここにもファンが喰い付くワードがでてきますね

ジオットくん!
ちょっと言ってみてください


ジオットポーズ (2)


ジオット:え!




あの言葉を・・・!

ジオット:えーと・・・

みんな応えてくれるさ!!



ジオットポーズ (2)


ジオット:ローファイボーイ ファイターガール







記念写真その1 (2)
ーーー!!!


アルバム『GOOD DREAMS』の7曲目に元ネタである「ローファイボーイ ファイターガール」があるんだけどね
あのね、好きな人には申し訳ないんだけどね・・・個人的にイマイチだと思ってまして

なんというかヌルいというか(ここらへんでやめておこう!)

でもBOON BOON ROCKではそのイメージを払拭するほどの激しくアウイェーなロックナンバーで

”居心地の悪さに慣れてしまって 死んでないだけの人生を 続けるなんて気が狂いそうだ そう気がついたら走り出して こうして出会えた”

この辺が気持ちをアツクさせますね!

ルスラン:”傷はいつか癒えるものさ だから傷ついたって平気だって そんなわけないだろ” とかも好きですね

うんうん。反骨精神を感じるよね

ルスラン:妥当なモードをなぎ倒しますからねw

私自身が妥当というか普通な生活を送ってますが、心の持ちようだけはさわおさんにあやかりたいなって思いますね。さわお師匠ですよ

ルスラン:あういぇー!

そしてローファイなギターが鳴り始めますね
たらたったったったったったら~~♪
ラストナンバー「Before going to bed」



最初はなんだこれ!? って面食らいましたけど、
慣れてくると非常に味わい深い曲です。

ルスラン:さわおさんのインタビューで掃除のバイトをしていた件が曲の中で歌われていますね

だーまつ:へーそうなんだ

ルスラン:としまえんとか米軍基地とかね

この曲はブルース調で無骨な印象なんだけど、どストレートに感謝するんだよね
思い返すとピロウズ結成20周年では武道館で泣くのを堪えながらファンに感謝して
25周年の時は「本来俺はそういう人間ではない」とひねくれて強がってw

そして30周年を目前にして、もう一度感謝するという流れね
題名通り床に就く前にさりげなく感謝するって素振りだけど、熱いハートは伝わる





足りなかったの
ここで録画が止まってしまったのでレポートは打ち切りとなります。

この後、歌詞イントロクイズを行いみんなで盛り上がりました。
正解者にはプレゼントを大判振る舞いしました。
皆さまもいつかここへ遊びに来てくれたら良いことありますからね


ちなみに「第3回ピロウズ集会」現在企画中でございます。
トークテーマは「Rebroadcastツアー感想」です

ライヴに参加された方、行く予定のない方、行く予定だけどネタバレOKな方
是非とも参加してください!

開催日時はまだ決めていませんが、来年1月頃に考えております。
追って連絡いたします!

Rebroadcast, May I wish redo again?
Rebroadcast, May I wish for a chance again?


アルバムを聞いた人は共感してくれたかな?
聞いてない人は興味を持ってくれたらうれしいぜ!

そうでなくても下のリンクバナーをアウイェー





ドラゴンクエストXランキング

↑このページのトップヘ